GIMP(ギンプ)

GIMPでボタン素材に文字入れをしよう

投稿日:

PPW_bungutennomajikku

前回の更新からかなり日が経ってしまいましたが、
今回はGIMPでボタン素材に文字入れをしていきましょう。

今回も初心者さんに分かるように図解しているので
いままでGIMPを利用したことがない方も
ぜひこの機会に使えるようになったらなと思います。

それではだいぶ待たせてしまったので、さっそく解説していきますね。

GIMPでボタン素材に文字入れする方法を図解

GIMPを起動させる

スタートメニューからGIMPのアイコンを見つけるか
見つからない場合は下の方にある検索窓に[GIMP]と入力し、
見つけてクリックします。

GIMP

加工したいボタン素材を開く

今回は前回の記事でダウンロードしたボタンマルシェの素材を使用します。

ボタン素材をGIMPへドラッグ&ドロップします。

ボタンマルシェのボタン素材をGIMPへドラッグ&ドロップ

テキストツールを使い、テキストを入力する

GIMPの右側にあるテキストツールをクリックします。

texttool
 
次にツールオプションで
[フォント(書体)][サイズ][色]をざっくりと決めておきます。

今回はフォントを[HGPGothicE]、サイズは[25(px)]
色は[白]に決めました。

tooloption
 
キャンバス上のボタン素材の適当な場所から
テキストを入力します。

WS000056

作成した画像を保存する

作成した画像を保存するには[ファイル]>[名前を付けてエクスポートする]をクリックします。

保存する場所を決めたら、
右下の【エクスポート】ボタンをクリックします。

WS000057
 
ダイアログボックスが開くので、
もう一度【エクスポート】ボタンをクリックします。

WS000103

補足

入力したテキストのサイズや色などを変更したい場合

入力したテキストを変更したい場合は
キストをクリックすると変更可能になります。

テキストのサイズや色を変更する場合、
ツールオプションから指定・変更が可能です。

tooloption
 
またテキストを入力・変更する際に右上あたりに出る
ボックスからでも可能ですが、少し使いにくいです。

textchange

入力した文字を移動する場合

左側のメニューから移動ツールを選択します。

WS000099
 
テキストにカーソルを合わせてマウスの左ボタンを押すと
下図のように+マークがテキストの中心あたりに出るので
それを確認したらドラッグし、テキストの位置を決めたらドロップします。

WS000104

1つ前の作業に戻る時に便利なショートカットキー

キーボードの【Ctrl】を押しながら【Z】で1つ前の作業に戻ります。

逆に戻し過ぎて進めたい場合は、【Ctrl】を押しながら【Y】で1つ先に進みます。

慣れるとかなり便利なショートカットキーなので、

知らなかった人はこの機会に覚えてみてくださいね。

↓こんな時、便利ですww
WS00010

以上でボタン素材に文字入れする作業の完了です

管理人お疲れさまでした。やることが多そうに見えますが、
かんたんな作業なのでぜひやってみてくださいね。

慣れると1,2分もあればできるようになりますよ。

もし今回の記事で分からないことがありましたら
コメント欄かお問い合わせフォームからご連絡ください。

 
toiawasebutton001

こんな記事が読まれています

-GIMP(ギンプ)

Copyright© ゆる~くアフィリエイトをやっている会社員のブログ , 2017 AllRights Reserved.